智子三島 のすべての投稿

2017年出張の備忘録 5月⑤(アムステルダム)

5月出張の最後は昨年も訪れたアムステルダムでの展示会です。
アムステルダムの展示会は2日間しか開催しないのですが、なかなか面白く見応えがあり、商談しがいもあります。

そんなこんなでいつもの風景
IMG_1529

IMG_1509

昨年もそうでしたが、アムステルダムはとにかくホテル代が高いです。
小さなホテルでもミラノやパリより高いのがつらいところです。
IMG_1508
小さい扉をあけ細く急な階段で4階まで上がります(エレベーター無し、笑)。
行きは受付のお兄ちゃんが親切にスーツケースを運んでくれました。
帰る時は受付に声かけてくれたら下すからねって言ってくれたものの、忙しかったのか受付に誰もおらず。仕方なく4階からサンプルがたくさん入った重いスーツケースを命がけで下す(笑)。
出張にいくたび、逞しくなっていく自分が時々嫌になります(笑)。

IMG_1520部屋は清潔感はあるものの、屋根裏部屋だよねってくらい狭い(笑)。
でも窓からの眺めはなんだかファンシーでした。

今回は知り合いの方にアムステルダムの美味しいところを教えてもらったので、オランダ料理、肉料理、シーフードと良い塩梅で食事にありつくことができました。
IMG_1510
アムステルダム中央駅を出たすぐにあるインフォメーションセンターの地下にあるレストランで最近の定番、クラフトビールでまずはお疲れ様。

食事の写真は撮り忘れてありませんが、あまりにも料理を頼まない私たちに定員さんがスィーツでも食べれば、と提案。まんまとのっかってしまう(笑)。
IMG_1513
オランダの特産スィーツではないですが、とても美味しかったです。
ちなみにご飯も美味しかったです。

最終日は昨年も行った安定のシーフードのお店にいく。IMG_1537泡で乾杯、安定の美味しいさ。

IMG_1541
最後はダム広場のカフェで反省会&希望を語る会。
この写真、夜の9時前です。明るいねー。

来年はこの展示会に来れるかわかりませんが、また来たいですー。

2017年出張の備忘録 5月④(ポルトガル)

短いリスボン滞在でも、ここは絶対に行きたいと思っていた場所。
ロカ岬
ユーラシア大陸最西端の岬でその向こうはアメリカ大陸。
新境地を夢見て、ここからたくさんの夢や希望が大陸をまたいだんだと思うと、感慨深いものがありました。
IMG_1444
リスボンからロカ岬までの行き方は2つありました:
1. リスボンにあるロシオ駅(Rossio)からシントラ(Sintra)まで電車で行き、そこからバス
2. リスボンにあるカイス・ド・ソドラ駅(Cais do Sodre)からカスカイス(Cascais)まで電車で行き、そこからバス
私たちは2の選択肢で行きましたが、その日は日曜日で最終バスの時間が早かったため、Cascaisからタクシーで行きました。
タクシーの運転手さんはとても親切で、沈む前にロカ岬に到着するために車をぶっ飛ばしてくれました(か、そもそも運転が荒いのか…笑)。

IMG_1470
IMG_1482
美しい黄昏時で自分の心が洗われたように気持ちになり、またがんばろうと思いました。
IMG_1480
ロカ岬の灯台です。なんだかそれだけで可愛い。

ポルトガルはまた絶対に帰ってきたい国です、というか絶対また来ると強く念じてます(笑)。

2017年出張の備忘録 5月③(ポルトガル)

リスボン2日目はリスボンの隣にある小さな町、ベレンという町からスタートです。
リスボンのPrace da Figueira(フィゲイラ広場)から15番のトラムに乗り、20分くらいでベレン地区に到着します。
ここでのお目当てはとても有名なエッグタルトです。
IMG_1408
結構並んでいますが、持ち帰りラインなのですぐに自分の順番が回ってきますので、列の長さは気にせずに並んでください。
IMG_1410
バール感覚でその場で食べている人もいましたよ。
IMG_1411
店内はとてもシンプルな作りですが、一つ一つの細かいところが素敵です。
IMG_1415
1エッグタルトは@Euro1.1です。これは6個入りのパックです。
3個くらいとか余裕で食べれます。IMG_1417
焼きたてなので、まだ温かくIMG_1418中はクリームがたっぷりで、外のパイがサクサクしてて本当に美味。
さらにあと3個は食べれる(笑)。
友達がポルトガルは卵を使ったお菓子が多いよーと言っていました。
かつてポルトガルは修道士になるために、支度金として鶏や卵を教会に収める習慣があったようです。
そこで卵を使ったお菓子が作られ、その文化が今も受け継がれているんですって。

お店の住所↓
PASTÉIS DE BELÉM
Rua de Belém nº 84 a 92, 1300 – 085 Lisboa PortugalIMG_1419で、ここのエッグタルトにはシュガーパウダーとシナモンパウダーの両方をつけてくれるのですが、シナモンパウダーをかけて食べるの忘れました。
シュガーパウダーだけでもあまりにも美味しくて。

その後マーケットリサーチに行くも、ポルトガル商品(私たちがターゲットとしている加工菓子類)が日本に入ってこない理由がわかりました。
IMG_1435
パッケージが残念すぎます(泣)。
これらはチョコレートなのですが、何かわかりずらい(というかわかりません)。IMG_1436他のチョコレートもこんな感じ(笑)
IMG_1429
ということでスーパーでひときわ目立っていた売り場、バカリャウ(干し鱈)。
スーパーに入った途端、バカリャウ臭がすごかったです(笑)

夕食はシーフードです。写真がほとんどありませんが、とにかく美味しい!!IMG_1494
定員のかわいい女子が、友達が日本に留学しているので、日本に行きたいと言っていました。みなさん英語もお上手でとてもとても親切です。
IMG_1496
これは例のバカリャウ料理。干し鱈の本場でいただくお料理はとても美味しかったです。

④へ続く→

2017年出張の備忘録 5月②(ポルトガル編)

なんとも幸運なことにポルトガルのメーカー訪問の機会があり、リスボンへ行ってきました。
空港から市内までがすごく便利なリスボン。
私たちが宿泊したホテルはマルケース・デ・ポンパル駅からすぐのところでした。空港からは地下鉄が便利ですよ。IMG_1332ホテルからの眺め、基本的に街並みが可愛い。IMG_1336リスボンの本当の中心地(バイシャ地区辺り)に行くにも歩いて20分くらいでした(20分ってまあまああるけど)。
緑に囲まれたこんな道を歩いていたら、時間なんかすぐに過ぎていきます。IMG_1334美しい石畳IMG_1337鮮やかな色の建物。素敵なコントラストです。IMG_1344中心地へ行く途中、アンティーク市が開催されていて、かわいいアンティークのペンダントトップを購入しました。こういうところではディスカウントできるのに、そのあたり良くわかっていなかったので(というか安いのでディスカウントを言う気にもなれない)、そのままの値段で出そうとするとお店のお母さんが自らディスカウントしてくれました、優しい。IMG_1351古本とかねIMG_1357このファブリックはアンティークではないのですが、色が素敵だったので。IMG_1345リスボンは坂の町です。IMG_1359建物の扉や窓が素敵です。IMG_1360石畳のデザインもところどころ違うので、歩くだけでも楽しい。IMG_1368町に溶け込んでいるように絵になるカップルIMG_1372路地も素敵。でもまあまあ急な坂ですよー。IMG_1376あー、かわいい。IMG_1378遠くに見える赤い屋根瓦はリスボンを象徴する景色です。IMG_1382そして初日、お仕事後の夕食はお肉です。イタリア(イタリアはイタリアンが抜群に美味しいので他の選択肢をしないですが)以外のヨーロッパでの食事はアルゼンチン料理に行くことが多いです。アルゼンチンビーフとマルベック種のワインは間違いないと知ったからです。
魚介は?ですが、魚介は2日目です(笑)

③へ続きます→

 

2017年出張備忘録5月①(イタリア編)

5月にミラノで開催された展示会に行ってきました。
その備忘録をさらっと(笑)。

美しいアルプス
IMG_1248
すごいですねー、もう圧巻です。

今回のお宿はアパートメントタイプのお部屋@ブレラ地区IMG_1253IMG_1254IMG_1255もともと一人で泊まるところでもないので、広くて快適です。ただ少し厄介なのは、建物が古いためなのか、アパートメントの鍵が開けずらいことです。今回も外扉を開けれなかったことが何回かありましたが、困っていると偶然に同じアパートの方が戻ってきたりして、本当にイタリアはなんとかなる国なんです(笑)。
でも次回からは1週間くらいの滞在ならホテルに泊まろうと思いました。

そしてミラノ在住の友達にも久しぶりに会い、相変わらず楽しい時間でした。IMG_1262ミラノの美味しい場所のアンテナを張り巡らせている商社マンなので、連れて行ってくれたところもさすが!!の一言でした。

ちょっと暗いですが、いつもの圧巻のミラノドゥオモIMG_1266
こんな建造物がまだ残っているのがすごいですよね。

友達お勧めの美味しいマロングラッセのお店にチョコレートスペースがあって、い
ろんな種類の高級タブレットチョコレートがおいてありました。
その中に明治のThe chocolateも置いてありましたよ。
値段は6ユーロ、高い!!IMG_1267

もちろん購入したのはお目当てのマロングラッセ。まあまあ値段はしますが、本当に美味しいです。
IMG_1596
Giovanni Galliというお店です。
ミラノドゥオモからすぐでした。

IMG_1321
展示会の画像はあまりありませんが、今回の目的は展示会で商品を探すことでした。面白い商品はありましたが、私たちがターゲットとするチャンネルとは少し違う商品が多く、違う目線で営業先をはめ込んでいくものが多かったというのが印象です。
今回の展示会の傾向としては:
・クラフトビールが増えた(これは世界的にですかね?)
・インスタント系の食品が増えた(お湯をそそぐだけのインスタントパスタ、クスクス、電子レンジ食品)
・オリーブオイル市場の混乱が半端ない
毎年同じ展示会に来ることにより、安定供給できるかの有無や、イタリアでのトレンド、世界でのトレンドについて行っているかなどを知ることができます。
来年は来れるかわかりませんが、勉強になります。
 Arrivederci Milano!!

さくっと終わり②へ→